<   2006年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
猫は暑い。
こんばんは。

今日の最高温度は23°でした。
うそ。。!
現在夜も9時をまわったというのに、外ではお陽さまがまだあって、こんなに暑いのに?
もっと暑く感じてました。23°じゃ、まだまだです。


さすがに猫も、暑くて家出する元気もないようです。
最近はめっきり、風船の糸は切れておりません(^^)

夏は特に辛いだろうな、と思われる、黒猫。
涼しそうな場所が好きです。

f0079207_12573462.jpg

スポットが見ているのは、紙の箱。

f0079207_12581959.jpg

粘土を買ったつもりだったのに、猫が入っていました(得?損?)

f0079207_1259361.jpg

「あぢいから、舌が出ちゃうニャ」とスタブス。
(寒くても出るくせに。。。)

f0079207_12595888.jpg

黒い物体を舐めているわけではなく、出ていた場所に足が伸びてきて潰された、ちょっと可哀想な舌。

f0079207_13132582.jpg

出るとこ出るとこに、黒い物体がいる。。。
何か因果関係が!?

f0079207_1322062.jpg

ガスが切れたのか、この風船娘も舌出してお休み中です。

f0079207_1333100.jpg

ナゲット軍団、仲良し♪
リトルナゲットは、まだ舌出したまんま〜

f0079207_133361.jpg

このクソ暑いのに、団子で寝るんです。

f0079207_1345847.jpg

人間にはとっても暑いので、靴下を脱ぐ輩がこの時はおりました。
シルバー、臭いからやめなさいってば。。

f0079207_1362190.jpg

だから言わんこっちゃないのに。
臭くて、嗅がされた復讐に引っ掻いておりました。

もっとひっかけ〜〜!

f0079207_134413.jpg

これは、一瞬のW猫またぎ。
迂回するとかしないんですね。

f0079207_1317888.jpg

小屋の中では、日向を好んで寝る黒猫。
火事になったりしないのか!?

今日も元気な掘っ建て小屋の猫たちでした♪



猫ブログに参加しています。
よろしければ、にほんブログ村 猫ブログにクリックお願いします!
[PR]
by nekojita6 | 2006-06-27 21:35 | 舌photo
里親さん、募集!
こんにちは。

リンク仲間さんの「くな&ぴゅる」ほのぼの日記のfuniさんのページで、仔猫ちゃんの里親さんを探していらっしゃいます。

f0079207_4183889.gif


生後2ヶ月位の男の子で、ココでビデオも見られますよ〜♪

私もビデオを拝見しましたが、

。。。。

きゃわゆい。。。


長毛さんで、爪とぎやトイレのしつけも済んでいるそうです。

滅茶苦茶きゃわゆい。。。

上のリンクから詳しい事を読んで頂けると思いますが、東京・埼玉・神奈川あたりにお住いの方に、届けて下さるそうです。

ココからfuniさんに連絡出来ますので、是非御考慮下さいませ。


。。。
ここからは私の個人の意見なのですが。

猫を飼う理由は、人それぞれだと思います。
私は小さい頃、猫と共に育ちました。

当時は避妊なんて考えはあまり浸透しておらず、うちの猫(三毛のダンプと申しました)はじゃんじゃん仔猫を産み、私の母は色々大変だったようです。
正直な所、許されない事もしていたはずです。

私にも、純血種に憧れた時期がありました。
デブ猫好きとしては、「シャルトルリュー」という猫に目をハート型にし、いつかは飼いたい!と思っておりました。

でも、上の猫ちゃんのように家が無い子が多いと、ある日気がついて。

「飼うのなら、家を探している猫」

と決めました。

日本では、保健所では引き取り手が無い場合、安楽死させられます。
アメリカでも同じですが、non-killシェルターという、安楽死も拒絶もないシェルターに引き取られ、毎日里親さんを待つ猫も大勢います。

去年の夏、地元のシェルターを訪れた時。
家を与えてくれる人間を待つ猫が、小さな部屋の小さなケ−ジに入れられて、自分達を必死に売り込んでおりました。

その必死な姿に、夫は耐えられずに部屋を出ました。
私は、猫たちを撫でながら、自分の無力さに涙が止まりませんでした。

これから、猫を飼おうと思われている方がいらしたら、是非考えてみて頂きたいと思います。

公園で野宿して過ごす猫。
病気で誰ももらいたがらない猫。
保健所で死か生かの運命を決められる猫。
飼い主さんが避妊手術をしなかった為に捨てられた仔猫。

上の写真の猫ちゃんのように、迷っていた所を優しい方に保護されて、でも保護した人はこれ以上猫を飼う事ができず、里親さんを募集されている方も沢山いらっしゃいます。

どうか、商売で純血種を売っている場所に行く前に、是非一度考えてみてください。
そして、不妊手術の事も、深く考えてみてください。

おねがいします。
[PR]
by nekojita6 | 2006-06-26 12:16 | 猫紹介
改良猫と毛玉猫。
こんばんは。

暑い。。。忙しい。。。
更新が滞りがちで、申し訳ありません。

最近出かける事が多く、涼しい夏に慣れてしまったこの老体にはきつい。
このあたりで、クーラーなんかあるお家は滅多にないんです。夏も涼しいから。
でも、今年の夏は、妙に暑いのですよ〜。

暑いけど、綿のセーターは必ず着る私。狙いは「サウナ効果でダイエット!」なんですが、いまのところ全然効き目がありません(TT)

暑さの愚痴はここまでにして。

最近、面白いニュースを読みました。
猫アレルギーの人にも飼える、アレルギーフリーの猫が繁殖されて発売になったそうですね。
人間がアレルギーをおこす要因を取り除いて繁殖された猫ちゃんだそうです。
アメリカでは2%に近い人口が猫アレルギーだそうだけど、それでもアレルギーの人の1/3は猫を飼っているんですって。
昔見たコマーシャルでは、そういう人の為の薬も宣伝されていました。
猫好きだけど、飼えない人は可哀想。。。

そういう人の為に!?

Allercaというカリフォルニアの会社で、開発して発売(オンラインショッピング!)始めたそうです。
手元に入るのは、来年以降。相当待ち時間があるようです(2年以上とかなんとか)。

ココのページにいる黒猫ちゃんと白猫ちゃんは、本物の改良された猫ちゃんだそうです。

でも、お値段は高い!
本日の円相場は1ドル=116.35円ですので、

猫のお値段  約46万円
搬送費    約11.5万円

もし2年以上も待ちたくない!場合には、追加で約23万円出せば、数ヵ月だけの待ち時間のみでお届けされるそうです。

上記以外にも、他に手続き費用とかかかりそうだし、税金もかかるだろうし、きっと最低でも70万円位になっちゃうと思います。

当の猫たちは、いたって普通のなつっこい雑種系。
性別や毛色等は一切購入者には選ぶ権利は無いそうです。届けられるのは、猫が3ヶ月位の時期で、1歳未満であればもし何か遺伝系の病気で死んだ場合には、無料で交換されるとか(他にも条件付き)。

ふむふむ。本当に「商品」扱いですが、アレルギー持ちでも飼いたい!というような人で、これだけの金額を出せるお家に引き取られる猫なら、きっと可愛がってもらえるに違いありませんよね。


実は猫母も、オンライン・ショッピングを愛用しております。

f0079207_1142068.jpg

届けられたカタログを見ながら、風船娘リトルナゲットと商品の批判なんかもして。

リトルナゲット:「これのLLサイズは無いと思うニャ」
猫母:「諦めるよ。。。」


そんなリトルナゲット、昨日新しく買ったブラシを使ってブラッシングをしてあげたら、ものすごく大喜び!

f0079207_11493494.jpg

左から順に、リトルナゲット、ビッグナゲット、ストライプ、シルバー、スタブス、そしてスポットです。

左の3匹は、新しいブラシが相当気に入った模様で、なかなか止めさせてくれませんでした(^^)

スタブスは、遊んでいると思ったらしく。暴れて噛んで引っ掻いて、そりゃ大変。
毛がちょっとしか取れなかったのも(右から2番め)、暴れたせいだ〜!

猫に引っ掻かれながらも、最近勢ぞろいの日が続いているので、暑さの中にもご機嫌な猫母です。
では、おやすみなさい。




猫ブログに参加しています。
よろしければ、にほんブログ村 猫ブログにクリックお願いします!
[PR]
by nekojita6 | 2006-06-25 19:51 | 猫photo
全員揃った平和なひととき。
こんにちは。

早めの更新です。今日のお当番は夫なので、昨日の猫の様子を御紹介します。

昨夜、掘っ建て小屋では、全員お揃いでした。
こういう日が一番!

風船娘たちも帰宅しており、人間の母としては束の間の安心出来た夜でした。

f0079207_673692.jpg

丸2日間留守にしていた、リトルナゲット。

もっのすごい勢いで、ご飯かっくらっておりました!
きっと殆ど何も食べてなかったんでしょう。
予備の餌箱も空だったし、私が来るとそりゃぁ大騒ぎで「ごはん!ごはん!」と鳴いておりました。

f0079207_691669.jpg

まずは、猫母膝の上で寝て。。。

f0079207_6103044.jpg

舌なんか出しちゃって。。。

f0079207_6103991.jpg

私の肩まくらと、クッションにはさまれております。
きゃわゆい。

爆睡して、爆食いして。この娘は、ワイルドです。


さて、写真うつりの悪い黒猫なので、ちょっとぼけておりますが。
なんかちょっと笑えるスポットの恥ずかしい部分。

f0079207_6112659.jpg

下腹です。
ちょっとだけ、白いの。

f0079207_614066.jpg

腋の下です。
ここも白いの。

けっこう笑える。こういう「見ため」で笑っちゃイケナイんですが、神秘で愉快で面白すぎです(^^)



猫ブログに参加しています。
よろしければ、にほんブログ村 猫ブログにクリックお願いします!
[PR]
by nekojita6 | 2006-06-22 14:03 | 舌photo
隠されたネズミと舌出し猫。
こんばんは。

雨が少なくなると、ナメクジの出没も減ってきているように思えます。
ナメクジ、猫の餌にまとわりついてすごく迷惑なんです。。。
。。。。。。。絶滅して欲しい。。。。。。

(失礼)

プチ風船娘スタブス、今日は掘っ建て小屋に舞い戻っておりました。
ふぅ、ひとまず安心。
こう続くと、心配度も減ります。心配だけど、戻る能力があるんだな、という安心感が生まれて来ました。

でも、丸2日行方不明のリトルナゲットのように、数日行方不明ってのは気が気ではありませんが。
まったく、あの糸切れ娘、どこをうろついているのやら。

昨日行方不明だったスタブスは、今日はとことん寝に入っておりました。
彼女が寝ると。。。

f0079207_1573381.jpg

出ます。
いっぱい。。。
出てます。。。

f0079207_158978.jpg

姉妹で仲良く出したりします。
変な所まで似るもんです。

話は変わりまして。

f0079207_1591147.jpg

ストライプが乗っているこの板、実は私が直前に置いたのです。
この場所に、ネズミさんの死骸が。。。
猫たちが遊ぼうとするので、片付けようと思えども私ニャ無理(恐い)。
で、板で隠してその場しのぎの解決策。

この板の下にはネズミさんがいるので、猫が群がるのですよ、まだ。
あぁ、恐い。

でもこのネズミさん、どこから来たんだろう?
昨日家出してたスタブスの土産か?なんて、ちょっと嬉しかったりもしてます。

f0079207_15462859.jpg

これは、ビッグナゲットや他の猫の好きな水飲み場。
失敗した粘土を水に漬けて、もう一度リサイクルで使う為のバケツに溜った水です。

ちゃんと毎日、きれいな水を用意しているのですが、その水はあまり飲まないの。雨水とか、この粘土水とかばかりにいっちゃうんです。
何故?
粘土はほとんどがミネラルだそうなので、水が軟らかくなって美味しいんだろう、
なんて夫は言うのですが、なんか体に悪くないのでしょうかねぇ。。。

そうそう、今日は帰りがけに、Jさんのお家と作業所の間を通ったら(そこを通って掘っ建て小屋に行く道があります)、おかあさんとオレンジの仔猫2匹がやってきました!
私は運転中だったので、轢かないようにするにに精一杯で、良く見るまでは行きませんでしたが、すっかり大きくなって走っておりました(^^)
きゃわゆかったですよ〜〜〜〜〜〜!

今度は写真が撮れるといいな。

では、おやすみなさい。




猫ブログに参加しています。
よろしければ、にほんブログ村 猫ブログにクリックお願いします!
[PR]
by nekojita6 | 2006-06-21 00:03 | 猫photo
喧嘩猫と風船娘。
こんばんは。

先週、ちょっとふてくされて、ベッドで一日DSの「動物の森」で遊んだのが仇になり、
腰(つうか、背中?)を痛めました。
んで、治りかけの週末、乗馬の習い事で更に腰を痛めました。。。(←バカ)

今日はかなり良くなったので、掘っ建て小屋にて猫の世話に出かけられました。

ところが〜。
また風船娘X2(リトルナゲットとスタブス)が行方不明。
昨日は全員いたそうですが、今日はこの4匹だけ。

f0079207_1653939.jpg

猫母お出迎えゴロゴロです。

小屋の中では。。。
ビッグナゲット、私の頭近辺で喧嘩してました。
f0079207_1675540.jpg

「負けちゃったですニャ」
と、シュンとしてます(TT)

f0079207_1673972.jpg

鼻に穴が空いちゃって、血が出てるし。

f0079207_166999.jpg

ビッグナゲットは、夫にはそれほどなついてはおりません。
昨日顔を見せなかった私が恋しかったのか?
喧嘩に負けて、くやしかったか?

横になって寝ても、乗っかってくる可愛い奴♪
(オケツが私の顔に向けられています)

f0079207_169847.jpg

ビッグナゲットの喧嘩相手は、いつもコヤツ。
ど〜してこの子は、凶暴なんだろう?

困ったもんです。。。

f0079207_16125846.jpg

その後平和に、団子になってくれてました(^^)
でも、4匹団子はなんか寂しい。

明日は、風船娘たちが戻っていることを祈って。
おやすみなさい。



猫ブログに参加しています。
よろしければ、にほんブログ村 猫ブログにクリックお願いします!
[PR]
by nekojita6 | 2006-06-20 00:56 | 猫photo
猫ビデオ3本だて。
こんばんは。

昨日は、つまらん長文失礼致しました。

今日もお当番が夫なので、私はビデオでも紹介させてもらっちゃいましょ〜。
よろしければ、覗いてみてください。



具合の悪かった猫の中、一匹だけ元気で迷惑なシルバー。
遊ぶ猫

一瞬です、こうやって出て来ちゃうんですね。
ノビと舌

続いてもスタブス。
最初の数秒、鼻に注目!
ちょうちん

次回は、6匹揃ったビデオでも録れるといいのですが。

では、おやすみなさい。

猫ブログに参加しています。
よろしければ、にほんブログ村 猫ブログにクリックお願いします!
[PR]
by nekojita6 | 2006-06-16 23:54 | 猫photo
妖しい猫の家族関係。
こんばんは。

今日は久しぶりに、猫当番がおやすみです。
会えないと寂しいけど、たまには家にいられる夜ものんびりできます。

家にいて、猫にも会えるのが理想だけど。

というわけで、本日の猫の様子をお届け出来ない代わりに、ちょっと猫の毛色の話題を振ってみたいと思います。

おかあさんが仔猫を5匹産んでから、私は猫の毛色に興味が出て参りました。
サイトや本を読みはじめたのですが、む、むずかしいぞ(@@)
簡単にまとめてみようと思っておりますが、いつになるかな〜。

とりあえず、茶色の猫(オレンジ猫と呼びます)の遺伝子だけはちょっと理解。

色々なサイトや本から学ばせて頂き、それを猫母なりの解釈で説明してみます。
私は生物学者でもなく、学校で生物学を専門にしたわけでもございません(^^;
だから、細かい間違いや解釈の違いがあるかもしれませんが、その際は御指摘して頂けるとありがたいです。
「こんなもん?」という程度で、お読み下さいませ。



それでは、長くなりますが、いきまーーす。


〜〜〜〜〜〜〜オレンジ遺伝子〜〜〜〜〜〜〜

オレンジの猫(うちのナゲット族)の遺伝子は、オレンジ遺伝子(O遺伝子)と呼びます(単純だ)。
O遺伝子が、オレンジ猫が出来るかそうでないか、を左右しております。

そして、そのO遺伝子は、性別を分ける遺伝子にくっつく事がわかっております。
このあたり、Oは他の色の遺伝子とは違い、特別です。

性別を分ける遺伝子とは。
人間でもそうですが、

女性ーーーXX
男性ーーーXY

になります。

たまに、XXYの染色体を持つ、クラインフェルター症候群と呼ばれる遺伝病が出て、三毛猫のオスになったりします。珍しい猫ですが、この猫たちは繁殖はできません。
なので、棚に置いておいて、そのうちまた。。

戻りまして。
性別を分けるXとYの染色体は、両方の親から一つづつもらう事になります。

この性染色体XとY。しかし、オレンジ猫を作るこのO遺伝子は、Xにしかくっつかないんです。
男女不平等?

つまり、
Xをふたつ持つメスは、O遺伝子を2個持つ事が可能。
Xをひとつしか持たないオスは、O遺伝子は一個しか持てません。

この、メスは2個持てる、オスは1個しか持てないというのが、鍵になります(^^)


ちょっとはずれまして、優勢遺伝子、劣勢遺伝子について簡単に説明。

遺伝子には優勢と劣勢がありますね。
優勢は、劣勢に勝ります。
勝る、という言い方は正しくないかもしれません。言い変えると、優勢は劣勢の特徴を抑え込む力を持っているんです。

たとえば、人間の目の色を例に取ってみましょう。
おおざっぱに、青い目さんと茶色い目さんを使って分析!


茶色の目は、優勢遺伝子(大文字)です。
Bとします。

青い目は、劣勢遺伝子(小文字)です。
r とします。


*(優勢の場合、いつも大文字で書きますね。劣勢は小文字です)

*(茶色と青い色以外、組合せもあるようですが、この場合単純に説明させてもらっちゃいます。B(茶色)は濃い色、r(青)は薄い色と想像してください。)

遺伝子は両親から一つづつもらいます(合計二つ)。どちらの親から優勢を、どちらの親から劣勢をもらうのかは、非常にランダム。これこそ、遺伝ギャンブル!?


茶色の目玉さんの場合、持っている遺伝子は2種類どちらかが考えられます。

BB かBr 。

BB の場合、両方の親からB(茶色)の優勢遺伝子だけを受け継いだ、純粋な茶色さんです。
Br の場合、片方から茶色の優勢、もう片方から青い目の劣勢を受け継いでいる、表面上は茶色だけど、実は「隠れ青い目」さんです。でも、表面上は茶色さんを装っております。

このBr さんの場合、r をもらうのは、Br(茶色だけど隠れ青い目)の親さんか、rr(素直に青い目)の親さんの両方から可能です。

劣勢の青い目さんの場合、遺伝子は rr でなければいけません。
優勢遺伝子(大文字)がひとつでも入っても、青色は出て来なくなっちゃうからです。
(薄い色の絵の具に、濃い色をちょっとでも混ぜると、薄い色が消えちゃうみたいなもんですかね?)

だから、青い目さんのお父さんとお母さんは、Br x Br さんかBr x rr さん,
もしくは rr x rr さんの組み合わせてないとダメなわけです。

BB x BB
だと、どう転んでも、茶色さんだけで、青い目さんが産まれて来ません。隠れ青い目さんも不可能です。
Br x BB
でも、全員茶色さん。青い目さんの可能性無し。ただし、隠れ青い目さんは可能です。
Br x Br
だと、茶色さんと青い目さん、隠れ青い目さんの可能性あり。
Br x rr
だと、隠れ青い目の茶色さんと、青い目さんしか産まれて来ません。
rr x rr
だと、青い目さんしか産まれません。

*(人の色の遺伝子も、実はもっと複雑なようです。深く掘り下げると、5種類(だったかな?)位の組合せになった気が。。。このへんはご勘弁を。)

っつうわけで、優勢遺伝子(この場合の茶色B)は、Bが二つのうち一つでもあれば、表面上は茶色になり、もし青い目遺伝子rを持っていたとしても、そのrを羽交締めにして隠してしまう力を持っています。

。。。優勢遺伝子は「でしゃばりさん!」とレッテルを貼ってしまいましょう。



さて、また話をオレンジに戻します。

オレンジ色は、性別を判断する染色体Xにくっつきますね。
そのオレンジ遺伝子にも、優勢O(大文字)と劣勢o(小文字)とあります。生意気な遺伝子です。この優勢Oと劣勢oが、Xのみにくっつくわけです。
つまり、メスはXを二つ持っているので、優勢Oと劣勢oの色々な組合せが可能。

メスの場合:
OO(XOXO), Oo(XOXo), oo(XoXo)が可能なわけ。
(上記カッコ内は、性染色体Xに一つづつついているよ、という表示)

オスの場合;
Oかoのみです。
YにはO遺伝子はくっつかないので、必然的にひとつだけ。優勢XOY(オレンジ色)になるか、劣勢XoY(黒色)になるかのどちらかです。

ん?黒色ってなに?
ここでちょっと頭を柔らかくしてみましょう。
Oの遺伝子ですが、優勢Oは、オレンジ色です。
ところが、劣勢oは、オレンジ色ではないのです。。。。。黒っぽい色というか。。。
この場合の劣勢遺伝子oは、オレンジの遺伝子ではなく、「オレンジにしない遺伝子(黒っぽい色)」と考えて下さい。
この、O遺伝子というのは、猫の基本色なんです。
猫の色っていっぱいあるようですが、深く掘り下げると、「オレンジか黒」の2色だけなんですって。
だから、「オレンジな遺伝子」か「オレンジでない遺伝子(黒)」の二つだけで考えられるわけです。


それでは、優勢劣勢で考えた場合、O遺伝子を持つメスの組合せ OO, Oo, oo はどういう色になる?

OOーーー>優勢二つ付いているので、オレンジ色が出ます。
Ooーーー>優勢ひとつと、劣勢ひとつ。優勢は「でしゃばりさん」だから、オレンジかと思いがちですが、この場合は「オレンジと黒」になっちゃいます。
ooーーー>劣勢二つ。この劣勢o遺伝子(小文字)は「オレンジにしない遺伝子(黒っぽい色)」なので、黒っぽい色になっちゃうんです。

え?何でOoでも優勢のOが勝たないで、オレンジ単色ではなく、オレンジと黒のパッチになっちゃう???

それは。この劣勢遺伝子o(小文字)は、優勢遺伝子O(大文字)に、マサルとも劣らない遺伝子だからなんです。劣勢だからって、小さくはなってません。負けてはいないんです。

*(優勢/劣勢と言うよりもは、オレンジにしたい遺伝子と、オレンジにしたくない遺伝子の「仲の悪い遺伝子同士」とでも考えた方が良いかもしれません。)

何故か。。。それは、X染色体が不活性化するからです。
不活性化とはいったい。。。

不活性化というのは
「細胞分裂の段階で、二つのXのうち、どちらかが時間をずらして複製されていく」
ということです。

ややこしいのですが、簡単に言わせて頂きますと;
「かけっこ競争に勝つと賞品がもらえ、負けるともらえない」
ということなのです。
(この場合のかけっこは、早足競争というより、どっちが先に複製されるか競争です)。

XXという性染色体は、全ての細胞に含まれています。体の中の様々な細胞が分裂して数を増やして行く時、XXは「お!新しい細胞だ!私達も参加しなくちゃ!」と、新しい細胞に自らも複製して付着する(かけっこのスタート)わけ。

不活性化はメスにしか起こりません。メスの持つ、二つのX。オレンジ遺伝子Ooが付いた場合、XOとXoと考えて下さい。
このXOとXo、一緒にいると本来はXOが強いはずです(だって、大文字の優勢の方が、見ため強そうだし)。
でも、不活性化により、細胞分裂に入る時に二つのX性染色体が複製される時間がずれる為、一緒に行動してないんですね、なぜならどちらか一方のXは素早いから。

それは、ガタイが良く、背が高くて足が長いO(大文字)かもしれないし、コブリでもちょこまかと動きまわれるo(小文字)かもしれない。
どっちが早いのかは、その細胞細胞の時に起こる複製競争によって、結果が違うのです。

O(大文字)が付こうが、o(小文字)が付こうが、複製競争のかけっこをして、XOとXoが同時にゴールする事はないわけで、どちらかがビリになるんです。
この二つの遺伝子XOとXo、目的地は一緒です。毎回同じ目的地に向けて競争しますが、一等賞とびりっけつでは、天と地の差!

びりになった方は、その遺伝子情報を細胞に与えるチャンスがない。「先に到着(複製)したもん勝ち!」だからです。

だから、XOがXoに競争で勝った場合、ゴールになった細胞にはオレンジ色が強く出ます。
XOがXoに負けた場合、逆に黒っぽい色が出るわけです。
それが、細胞細胞によって違うんですね。

この不活性化にルールはありません。バトルなので、オレンジが強いか黒が強いかは、猫それぞれ違うわけで。それぞれのX遺伝子の足の早さ(複製の時間差)によるのです。

ここで、猫母の勝手な憶測。
f0079207_15543518.jpg

スタブスの足の肉球を以前紹介させていただきましたが、同じようにストライプも肉球の色が一つだけ違います(矢印部分)。
私の憶測なのですが(というのは、文献が見つからなかった)、このオレンジの肉球は、XOが不活性化のバトルに勝った部分ではないか?と思っているのです。
他の黒い肉球たちは、Xoが勝っちゃったわけ。

こうして見ると、Xo強いぞ!


ちなみに、この、Ooという遺伝子、三毛猫も必ず持っているものです。
三毛になるには、このO以外に白を出す遺伝子がないとダメなんですが、この白を出す遺伝子は劣勢でないといけないわけで。。。(優勢だと白猫になっちゃうから)。それプラス、白斑を出す為のS遺伝子というのが必要になり。。。
このあたりは、また後ほどに。


というわけで。
Ooでも、優勢オレンジのみが出る事はなく、細胞分裂複製かけっこ競争の中で、勝つ事も沢山ある劣勢遺伝子oの特徴も出てくるので、オレンジと黒っぽい色(こげ茶とか)、両方の色が産まれてくるわけです。


もひとつちなみに。
猫の毛色を決める遺伝子は、9種類あります。だから複雑!
O遺伝子は、この9種類の中のひとつです。他の遺伝子との兼ね合いもありますので、Ooを持つからオレンジと黒、という単純なものではないようです(ホラ、三毛猫もそうだし)。
でも今回は、オレンジに的をしぼっているので、他の遺伝子の事は省かせて頂きます。

そして、優勢OYだからオレンジのオスになる!と決まっているわけでもないのです。たとえば、白猫さん。白猫の持つホワイト遺伝子W(9種類の中の一つ)は、とっても強敵!いや、敵にもなりません、かなわないのが決まっているから。このW遺伝子(優勢)があると、たとえ優勢Oを持つOYのオスでも、白猫になっちゃいます。白は何色よりも強い!のです。
白の仔猫(生後1年位まで)は、頭のてっぺんに色のパッチがよくあるそうです。黒だったり茶色だったり、三毛だったり。大人になると消えて行きますが、そのパッチを見ると、白以外の色(白に負けた色)が潜在しているのが確認出来るそうですよ(^^)。



。。。。。。。。。
前置きが長くなりましたが、これでO遺伝子を持つ猫の毛色が判明しました。


では、オレンジ色の猫は、一体誰から産まれてくるのか!?
が、プチ本題です(^^;

オレンジ色の猫は、上の説明で既におわかりでしょうが、優勢O(大文字)のみ!を持っていないとダメなわけです。(劣勢o(小文字)も、細胞分裂競争には強いから。競争相手がいない、ぬるま湯に浸かった状態でないと、優勢オレンジOは世界を征服出来ないのです)


オスが産まれてくる条件は簡単ですね。オスの場合Oは一つしか持てないので、優勢O遺伝子(大文字)が一個あればオレンジ猫になります。劣勢o(小文字)を受け継いだ場合、黒っぽい猫になります。

ビッグナゲットは、優勢O(大文字)を持つ、オレンジ君です。

父親の色は、この場合どーでも良いのです。
母親さえ優勢OO(両方大文字)のオレンジ猫か、Oo(大文字と小文字)の三毛っぽい猫とかストライプやスタブスのような色合いの猫であり、優勢O(大文字)を一つでも持っていれば。。。
Yがオレンジ遺伝子を受け継ぐ事が出来ない為、オスの持つ優勢オレンジO(大文字)遺伝子は、いつも母親からのみ受け継がれて来ます。
だから、父親は。。。だれでもいいの(^^)


だから、三毛猫の母親と、黒の父親からでも、オレンジ猫のオスは産まれてくる。
世の中に、オレンジはオスのほうがメスよりも多いのは、「条件があまり厳しくない」からなんです。


メスはどうでしょう。父親と母親の両方から、優勢O(大文字)を一つづつもらえば、OOとなりオレンジになります(メスはXXと二つの性染色体Xを持つので、両親両方からXについた優勢オレンジ遺伝子を受け継がれる必要があります)。
母親は、オスの場合と一緒で、優勢O(大文字)遺伝子が一つでもあればオッケー。
ところが。
メスのオレンジ猫が産まれてくる条件として、単純でありかつ厳しいのは「父親はオレンジでなければならない!」のです!
だって、父親からも優勢O(大文字)を貰わなければならないとすると、その父親は必ずオレンジ色の猫でないと優勢Oを持っていないから。

父親はオレンジ君で、母親も優勢Oを持っていなければならない。だから、メスのオレンジちゃんは、オスに比べて非常に少なくなっております。

リトルナゲットは、優勢OO(両方大文字)遺伝子を持つ、オレンジなわけですね。
獣医さんでも、「オレンジのメスはあんまりいないのよー」と言われました。



ん?何かが変?
リトルナゲットの父親がオレンジ?????

長いこと、掘っ建て小屋猫たちの父親は、あの「おとうさん」(灰色縞)だと信じておりました。でも、それは不可能なんです(@@)


ここでまた、ちょっと話をずらしまして。
御存知の方も多いはずですが、確認までに。

猫のメスっつうのは、盛りの時期に卵子を排出します。大抵5ー6個だそうです。
で、にゃーにゃー鳴いて、オスを呼ぶ。交配する。ほぼ100%の確立で、受精する。
この受精卵は、排出された卵子に起きるわけですが、一度の交配で全部の卵子が受精するわけじゃぁないそうです。
最初の交配で3個受精したとすると、残りの3個は、まだお腹の中で”待っている”状態。

だから。。。
一度目の交配を、オスAとしたとして、3個受精。そして2度めオスBと交配しても、残りの卵子で再度受精が可能なんですね。
つまり、産まれた仔猫たちは、違うお父さんを持つ事が出来るわけで。。。

ちなみに、1度目の交配の後、受精して妊娠したとします。その後お腹の中で胎児がちょっと育ってから、また新たな出会いがあり。。。その新しい男性と(もしくは、同じ男性でもオッケー)2度目の交配をすると、ちょっと年齢の(というか、日齢の)ずれた仔猫も誕生する事もあるそうです。
その場合、若い方の仔猫は未熟児で出産になるので(年上の方と一緒に産まれちゃう)、生き残れる確立は低くなるそうです。


となるとです。
スポット、ストライプ、スタブス、そしてリトルナゲットは、同じお母さんから同じ時に産まれた、5ツ子ちゃんのうちの4匹であることは確認済み。
ストライプ&スタブスは、仮にオレンジが父親だとすると、父から優勢O(大文字)と母から劣勢o(小文字)を受け継いでOoを持っている事になります。

スポットは?
遺伝子には、9種類あると前に書きました。
その一つに、A遺伝子というのがあります。
このA遺伝子は、オレンジでも三毛でも、持っている物で、縞を作るか単色にするかを決定する遺伝子です。
もちろん優勢劣勢があり、AAとかAaだと、縞になります(優勢がでしゃばりだから)。
aaだと、単色になるーーー>黒になる。というわけ。
何故黒で、他の単色ではないのか?

色の基本は、オレンジか黒と前出させて頂きました。オレンジ遺伝子がかかわった場合、AAだろうがaaだろうが、変化はないんです。
オレンジの単色というのはまずなく、オレンジ猫は殆どが縞模様を持っています。
何故なら、A遺伝子は、黒の色のみに作用されるから。
殆どが縞模様、というのは、縞模様に見えないような猫も存在するから。でもそれは、たまたま縞の色が似通っているだけの話で、実際には縞があるんですって。
だから、オレンジには単色がでないで、黒のみ単色になるのです。

あ〜〜〜、ややこしいですね。

んで、スポットにはaが二つあるので、掘っ建て小屋猫のおかあさんは、Ooのオレンジ遺伝子、Aaの優勢劣勢両方のA遺伝子を持つ事がわかりました(^^)
そして、スポットの父親も、aを持っているはず。aを持つ猫は、いっぱいいるはずだ!色々な猫の可能性あり!

つーまーりー。。。あぁ、ややこしい。
スポット、ストライプ、スタブスに関しては、父親はオレンジでも灰縞のおとうさんでも、どっちでも可能。
でもリトルナゲットに関しては、オレンジのお父さんではないとダメなわけで。。。


灰縞のゴルゴ猫「おとうさん」は、3匹の父親である可能性は高いです。確立的にも、縞が多く産まれて黒が一匹というのは、正しい気が。。。
でも、リトルナゲットの父親ではない!(断言!)

となると、誰がリトルナゲットの父親なんでしょう!?


。。。。。これが、この長文解説の真の本題です。。。。。

オレンジのオスは、掘っ建て小屋近辺では見かけた事がありません。
ただ一匹を除いては。。。

f0079207_1613295.jpg



おかあさんの最近産んだ仔猫は、5匹のうち2匹がオレンジであります。
オスかメスかは、仔猫たちは、最近見ていないので判断ができません。
でも、あの仔猫たちの父親(達?)は誰だ!の謎解きです。

自分のブログを見直してみて、おかあさんの受胎時期と、うちの猫達の不妊手術時期を比べて見ました。

おかあさん、最後の出産は4月の25日頃。
妊娠期間63日とすると、受胎時期は2月21日前後。

うちの猫たち全員の不妊手術は、2月28日。

。。。。。。
可能だ。。ビッグナゲットが、オレンジのオス猫であり、おかあさんを「妊娠させた猫のひとり」である可能性が大!

あのトロイ穏やかな奴、影では実はジゴロだったりするのでしょうか。
だとすると、リトルナゲットが産まれた去年の10月頃にも、既に生殖可能な大人の男性で、おかあさんとイケナイ事をしていた可能性もあり。。。(ビッグナゲット、年齢不詳です。想定1歳半位)

ビッグナゲット、き、きみがリトルナゲットの父親なのか!?

これを夫に話したら、「ありえねー」と一喝されてしまいました。
夫は否認する事によって、ややこしい家族関係の謎を無視したいんだろうな。

でも、シャーロックホームズ大好きな猫母としましては、なんでも謎にしたくなってしまいます(^^;

最後まで読んで下さった奇特な方、ありがとうございました。
では、おやすみなさい。


猫ブログに参加しています。
よろしければ、にほんブログ村 猫ブログにクリックお願いします!
[PR]
by nekojita6 | 2006-06-16 00:16 | 猫story
心配事と猫の尻尾。
こんばんは。

昨日は、ちょっと欝気味で更新出来ませんでした。

何を欝になっている?

また、スタブスが行方不明だったのです。
昨日も数時間待ちましたが、帰ってくる気配無し。
掘っ建て小屋に泊まるわけにもいかず、スタブス家出中のまま、私は帰宅。
心配で、更新する元気がでなかったんです。

本日は、早めに掘っ建て小屋に到着。スタブスは。。。

ふぅ。。(〃´o`)
いました。

f0079207_1425556.jpg

頭乗り挨拶です(^^;

どっと疲れます。
今日は、最初から6匹全員揃っておりました。
毎日こうだったら、私の胃もキリキリしないで済むのにな。

悪い(?)手本のリトルナゲットを見て、「自分も〜」と思ったのでしょうか?
それとも、遅い不良デビューのようなもんでしょうか?
遅くに遊びを覚えると、歯止めが効かないと言いますし。

とにかく、今日はやっと安心して、ブログ更新出来ます(^^)


f0079207_14354484.jpg

お天気が良い最近では、鹿さんも日光浴を良くしています。
ウサギさんと仲良し?
(ちなみに、全ての写真はクリックすると、少しだけ大きく見える新画面が出ます)

掘っ建て小屋では、外猫さん大元気!

f0079207_14382138.jpg

f0079207_14384517.jpg

f0079207_14385966.jpg


猫が沢山いるので、ツバメさんには大迷惑のようです。
ツバメさんが飛びまくり、シルバーを襲ったかのように見えた一瞬がありました。
巣を作っているというのは、近いうちに子供が産まれるという事で。
母は強いのかもしれません。

f0079207_14413167.jpg

もう一匹のママ、「おかあさん」です。

おかあさんの仔猫たちは、Kさんの馬屋からJさんの倉庫へと移動しておりました。
(KさんはJさんのお隣さんで、Jさんは掘っ建て小屋の土地の持ち主さんです)

今日Jさんと話をして、仔猫5匹無事でいることが確認されました!
シェルターの話をしたのですが、Jさんは5匹引き取るつもりのようです。
お互いに英語が母国語ではないので、話の食い違いはあるかもしれないけど。。

Jさん曰く:
「ここには6匹いるんだね!うちには5匹だよ!次回は、6匹産まれるかもしれないね♪」

。。。。。。。

Jさん、子供も大きくなって子供を産むから、5+6だけでは済まないんですよ〜(:_;)

でも、Jさんすごい。うちの猫とは面識があまりなかったのですが、一度で6匹の名前全部覚えてくれました。

ただ心配な事を聞きました。

Jさんはブルーベリーとラズベリーの農場(うちの猫の遊び場)を持っていて、この時期お客さんを取って
「自分で摘んで計り買い」の商売もしているのです。

去年、そのベリーを摘みにきたお客さんが、Jさんの家の猫4匹を勝手に連れていっちゃったんですって。

今年は、農場にうちの6匹+産まれた仔猫5匹+おかあさんがいるので、それらの猫を持っていかれちゃうと困る!
「猫を持っていかない事!」とでも書いた立看板でも立てて、防止しましょうと話し合いました。


さて。
黒猫振興会のお仲間であり、くろねこ生活。で可愛いモモちゃんを紹介されている、モモねこさんのブログを拝見し、モモちゃんのように測定してみたいなぁと思ってました。

でも、毎回メジャーを忘れちゃうんです。

掘っ建て小屋には直線定規だけあったので、とりあえず尻尾の長さを測ってみました。

f0079207_1532151.jpg

ビッグナゲット、30センチ。

f0079207_1535364.jpg

シルバーも、30センチ。

f0079207_1541837.jpg

スポット、29センチ。

f0079207_1544226.jpg

リトルナゲット、26センチ。

f0079207_155596.jpg

ストライプも、26センチ。

f0079207_1554215.jpg

ネズミさん、10センチ(伸ばして測りました)。

f0079207_1562526.jpg

スタブス、10センチ(ネズミさんと一緒!)。

やはり、大きい男の子の方が、尻尾も長いんですね〜(^^)
ちなみに、直線定規での不確実な測定では、スポットの頭からお尻までの長さが45センチ位でした。

みんな、どんどん大きくな〜れ!

では、おやすみなさい。


猫ブログに参加しています。
よろしければ、にほんブログ村 猫ブログにクリックお願いします!
[PR]
by nekojita6 | 2006-06-14 23:20 | 猫photo
気がついたら育っていた猫。
こんばんは。

今日はやけに蒸し暑い日でした。最高気温21度ですって、ど〜りで。

掘っ建て小屋に到着して、まずすることは、猫の数を数える事です。

1、2、3、4。。。。今日は4匹しかいませんでした。

風船娘リトルナゲットが、またいない(^^;
そして、舌出し娘、スタブスも行方不明。。

リトルナゲットは前科者ですので、再犯は承知しております。
更生するのは難しいモノです。
家出しても、帰って来る能力はそれなりにあるので、「あぁ、またか〜!!」程度で待つことが出来ます。

ところが、スタブスはいっつも掘っ建て小屋にいるのですよ。
ママ(私)の車の音がすると、駆け寄ってきて私の頭に乗る毎日なのに。

しかも、あの娘は「ぼ〜〜〜っとしている」性格なんです。
トロイのはもちろんですが、時たまふと妄想の世界に入り込んでいるような、遠い目をして固まってしまうんです。
固まったまま、じっとして動かないの。
考えごとしているとか、何かを見ているとかではなく、
ただ「ぼ〜〜っとしている」だけなんです(^^;

そんなスタブスなので、遠くへ行くとは思えなかったし、もし遠くへ行っちゃったら、帰れなくなるだろうな、と。

リトルナゲットとは違い、別の意味で心配になりました。
10分でも姿が見えないと、スタブスの場合は心配になってしまうんです。


しかたがない、待つしかない。
他の猫と共に、2匹の女の子を待ちます。

心配していると、他の事が手に入らなくなるもんですね。
今夜は、写真を撮る元気も出ませんでした。

そして2時間後。。。

リトルナゲットの御帰還です!

f0079207_15403666.jpg

腹ベッドの上で寝る、風船娘。

今日は、数時間だけのプチ家出だったので、勘弁して差し上げましょう。
でも、ちょっと常習すぎますよ、アナタ。。

。。。
夜も9時半になり、あたりも暗くなりはじめた頃。
2度目のご飯をあげようと、外に出てみると。。。

スタブス、とっとことっとこと、駆け寄って来ました!!!

どわ〜〜〜〜〜〜っと、安堵が押し寄せて来ました。
ふぅ、疲れます。心配のストレスで、私は500円玉ハゲが出来そうです。

他の猫が外に出ている間、スタブスと小屋の中に入り、一対一での会話をしました。

猫との会話、成り立ちませんね(^^;
やけに興奮しているスタブス、話を聞くどころか、私を攻撃してきます。
まるで、ストライプがするような睨み目をして、普段のスタブスとは違っていました。

その時、ふと自分の洋服に目をやると。。。

!?

なんか、キモチワルーイ物が付着してます。よく見ると、小骨が。。。

スタブスの足から、私の服へと移動した、
「何か得体の知れない生き物の残骸」でした。

ど〜りで、会話どころじゃなかったはずです。何か獲物を仕留めて、興奮して野生気分満々だったのでしょう。

こういう時の対処とか躾けって、どうしたら良いかわからなかったもんで(^^;
とりあえず、褒めておきました。
獲物を捕れたのは、偉かった(なんだかわかんないけど)。帰って来たのも偉かった。
ちょっと猫にしてはズレているかな?と思っていたスタブスですが、それなりに野生が残っており、帰ってくる能力や狩りに成功する生存力もあるんだな、と感心したのでした。

とりあえず、ほっ。

というわけで、写真は殆どナシなのですが、最後に一枚だけ。

かめ道楽通信で、2匹の猫ちゃんと共に、手作りの可愛い張り子も紹介されている、絵がと〜〜〜ってもお上手なペコさんの興味を引いた?
「猫石」です。

f0079207_16355793.jpg


知り合いの奥さまが趣味で手作りされているそうです。
獣医さんには、漬物石よりも大きい猫石ちゃんがいるんですよ(^^)

では、おやすみなさい。


猫ブログに参加しています。
よろしければ、にほんブログ村 猫ブログにクリックお願いします!
[PR]
by nekojita6 | 2006-06-13 00:40 | 猫photo