<   2006年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
猫5匹。
リトルナゲットは、まだまだ人なつっこいというまではいきません。

でも、捕まえて座敷にあげると、嬉しいようです。
猫母の膝の上で、寝るまでになりました。

f0079207_7402757.jpg

一緒の時間を長く過ごせば、心を開いてくれるものなのですね。

でも、なかなか生き別れした兄弟姉妹間でのわだかまりは溶けないようです。
スポットはどうでもいいようで、リトルナゲットと一緒に寝たり、遊んだりすることに抵抗がないようです。

問題はストライプ。

f0079207_7421526.jpg


あいかわらず、リトルナゲットを威嚇します。
しかも、私に文句を言うようになってきました。

抱きあげると文句。撫でると文句。

私に対して、不満をかなり持ち始めたようです。


他の2匹はというと、まだまだ慣れていないせいか、なかなか捕まえる事が出来ません。

f0079207_7452128.jpg

外の寒い中、高めの場所にある紙袋の上で、体を寄せあって寝てばかりいます。光る目怪物のようですが、こういう姿を頻繁に目にしました。どうにかしなくちゃ、寒くて凍えてしまうでしょう。。。

2匹のうち、シルバーは人が大好きなようで、夫が捕まえるのに成功しました。

f0079207_747167.jpg


シルバー初の座敷体験です。
まだまだ、借りて来た猫のような態度ではありますが、これも最初の一歩。
[PR]
by nekojita6 | 2006-01-30 07:31 | 猫photo
掘っ建て小屋完成記念パーティにて。

パーティの予定は、午後の3時からでした。
でも、人が来はじめたのが、夜も7時を過ぎたあたりから。
これってアメリカタイム?

午後の2時から待機していた私は、暇なので座敷で猫と戯れ。
ナゲットの初めてのお座敷タイムです♪
ストライプは姉妹のくせに、ナゲットを威嚇します。
やはり、古株は新参者にきついのですねぇ。

f0079207_7185027.jpg


夜になり、お客さん達が続々登場。
ナゲットは隠れていましたが、スポットとストライプは良いホスト/ホステス役を勤めてくれました。
見知らぬ人間恐さも、解消されたかのように。愛想をふりまき、女性の服を奪い、毛をつけまくり、ひっかき回っておりました。
(ごめんなさい、皆様)。

ところが、この騒ぎを聞き付けたのか、またまた見知らぬ猫が登場したのです!

f0079207_7191030.jpg



灰色の縞と、茶とらの2匹。茶トラのほうは、ナゲットにそっくりでした。
しかも、ナゲットと新たなる茶トラは、妙に仲が良いのです。前からの知り合い?
同じ親から生まれたのかもしれません。ただ、今回現れた2匹は、どう見ても
スポット・ストライプ・ナゲット
のグループとは、大きさが違う。もうちょっと年上のようです。

ひねりのない夫が付けた名前は、

灰縞がシルバー。人間が大好きな男の子です。

大きい茶トラに関しては、名前が思い付きませんでした。しかたがないので、小さい方の女の子をリトル・ナゲット。大きい方(男の子)をビッグ・ナゲットと命名。ビッグナゲットは、人間が恐くてしかたがないようです。餌は食べてくれるんだけど、人間が近付くと大急ぎで逃げます。


昨日にひきつづき、猫が更に増えた日になりました。

はい、現在5匹。

パーティは朝の4時まで続きました。お客さん達は、口々に「去勢しないと大変な事になるよ」と忠告してくれました。
去勢か。しちゃってもよいのでしょうか?
だって、私達の猫じゃないんだけど。

夜遅く、Jさんの息子O君も、パーティに顔を出してくれました。聞けば良かったけど、ちょっと去勢に関しては話せませんでした。

外で餌をあげているせいでしょう。このままでいくと、猫はやってくる一方です。
兄弟間での子供も出来てしまうかもしれません。

嬉しい悲鳴でもありますが、将来を考えると、猫がこれだけ多いのは、責任も大きくなってきてしまいます。

猫母は頭を抱えてしまいました。。。
[PR]
by nekojita6 | 2006-01-28 07:09 | 猫photo
新たなる始まりの予感。

同じ日が続きます。

この日、夫は翌日に控えた「掘っ建て小屋完成パーティー」に向けて、夜遅くまで準備をしておりました。

パーティには15人位来てくれるはず。
食べ物とか、座る場所とか、ゴミ出しとか、色々私も用事があり、一緒に残りました。

そこへ、見知らぬ一匹が!?

f0079207_732192.jpg


オレンジいろの虎(茶トラというのかな?)が、餌を狙っているようです。この猫、どこかで見た事があるなぁ。
たぶん、実家であるJさんの家に生まれた、猫の一匹であるようです。

あまり人懐っこくはありません。でも、人間を嫌いという程でもないようです。

夫は「ゴールディ」と呼び始めました。金色だからだろ。もうちょっと、ひねってもいいんじゃないんですかねぇ?

私は、「ナゲット」と呼びたいと提案。ゴールデンナゲットは、金塊という意味です。しかも、なんとなくマクドナルドのチキンナゲットをも彷彿とさせる容姿です。

夫曰く、「でもねぇ。ナゲットって、英語で男性の○ま○まを現す言葉でもあるからねぇ」

この子は女の子(確認済)でもあるし、それはダメかなぁと思いながらも、いつのまにか彼女の名前は「ナゲット」になってしまいました。

パーティの前夜、新たな猫「ナゲット」が、登場したのです。
[PR]
by nekojita6 | 2006-01-27 07:53 | 猫photo
虐待されている猫、その2。
夫は掘っ建て小屋の完成が間近なので、けっこう頑張って大工仕事に勤しんでおります。

お疲れなのか、3匹で昼寝を始めた、あるまったりとした日の午後でありました。

f0079207_6242381.jpg


動物3匹で昼寝をするの図。
青いのは、たまに人間になる一匹の愛用「ももひき」です。

ストライプちゃん、何もそんな所にアナタのきれいなお顔をくっつけて寝ないでもいいんじゃないですか?


f0079207_626372.jpg

やっぱり、猫母が心配した通りになりました。
人間並にデカい一匹が、屁をこいた模様です。
寝こきという代物でしょう。

ストライプは、何が起こったのかわからないけど、臭いのはわかって目覚めた模様。


f0079207_6272882.jpg


臭い臭い〜!
顔を離して避けてみました。ついでに、手で栓をしようとも試みました。
起きて移動しないところが、ナマケモノの猫です。
とりあえず、顔を離せば、匂いはキョーレツではないのかな?



f0079207_6285810.jpg


屁をした一匹が、自分の放出した臭いに耐えられず、移動したようです。
残った子猫は、ガス中毒で死んでしまったかのように、まったく動かなくなりました(ち〜ん)。


(動物に危害は一切加えてはおりません。でも、ガス中毒になった可能性は否定出来ませんが)
[PR]
by nekojita6 | 2006-01-27 06:14 | 猫photo
猫は高い所が好き?(プラス舌)

今日は珍しく、外での写真が撮れました。

f0079207_694114.jpg



猫母:おいおい、スポット君、一体キミはどこに寝そべっているの?



f0079207_6104667.jpg






スポット:草の上だよ〜ん。
地面からちょっとだけ高いから、なんとなく気分がいいの。
邪魔しないでくれる?






何も、あんな草をかき分けて寝そべらないでもいいのにねぇ。。。



その後、小屋に入り、ふわふわのクッションの上で2匹で仲良く昼寝をしました。


f0079207_6134777.jpg


あいかわらず、舌をしまい忘れているようです。

寝ている間に、渇いちゃったりしないのかな?
[PR]
by nekojita6 | 2006-01-27 06:08 | 舌photo
スタブスの行方。
話は戻りますが、今後の展開に必要なので、この話を埋め込んでみます。

スポットとストライプの実際の家は、掘建て小屋から50メートル程離れた近所のJさんの猫だったのです。
Jさん一家は、冬なので暖かい地方に避難中でした。残っていたのは、ハタチ位の息子O君。

ある日、O君が遊びに来た時、「この猫達、何処の猫だか知ってる?」と聞いた私。
「うちの猫だよ〜」と平気で答えるO君。
「ここの方が居心地がいいから、家に帰りたくなくなっちゃったんだろうね」

O君は、私達が猫を飼っている(?)事に、なんの不満もないようでした。

そこですかさず、「尻尾の短い猫がいたんだけど、行方不明になっちゃったの。O君、何か知っている?」と聞いてみました。

「子猫は5匹生まれたんだけど、尻尾の短いのは一匹だけだったなぁ。たぶん、家に母親と一緒にいるんじゃないのかな?」


愕然!
希望の光!
こみ上げる安堵感!


早速、私はO君の家に足を運びました。
スタブス、いておくれ。元気でいておくれ。

中に入った私を迎えたのは、母親と3匹の子猫達でした。
その中にスタブスは。。。。。

いた!

いました!

ストライプと見分けが付かない位に似ている、三毛まだら縞の尻尾の短い猫!
にゃぁぁぁと、私に近寄って来ました!

忙しいO君の邪魔を出来なかったので、私はそそくさとその場を立ち去りましたが、スタブスは元気でいたのです!

興奮やまず、早速夫に電話。夫も大安堵。

こんなに幸せな日は、あまりありませんでした。

たとえ私達と一緒にいなくても、スポットやストライプと一緒でなくても、近くで元気で生きていてくれたという安堵感は、本当に喜びになりました。
[PR]
by nekojita6 | 2006-01-27 06:00 | 猫story
スポット猫舌。
大好きな猫舌写真が撮れました。

牛乳をのんだ後、しまい忘れたようです。

f0079207_632316.jpg


黒いので、ピンクの舌が際立ちますね。
[PR]
by nekojita6 | 2006-01-26 06:01 | 舌photo
個室。
あいかわらず、猫たちは夫に遊ばれているようです。

掘っ建て小屋の座敷内に、夫が物入れを作りました。仕切りも作り、本人は大満足のようです。

中に入れるモノがまだ無かったので、早速猫を入れてみたようです。


f0079207_553166.jpg



扉を閉めても、猫たちは大人しく座ったまま。暗いのが好きなだけか、何が起こっているのか理解出来ていないだけか?

こうしてみると、スポットは頭が大きいですねぇ。
首も無く、ストライプと同じ時に生まれた子猫とは思えない程、大きさが違って来ています。
餌を奪うのが得意だからか、オス猫だから?
スポットの名前の由来でもある、首の所の白い部分、まるで蝶ネクタイをしているかのようです。
[PR]
by nekojita6 | 2006-01-25 05:50 | 猫photo
これで引っかかれたらたまりませんわな。
あいかわらずの毎日です。
特に、書くこともないのですが。。。

スポットは、黒いので、一種の妖怪のようです。
しかも、危険な爪妖怪です。

f0079207_548386.jpg


あまりにも黒いので、写真写りはと〜〜〜っても悪いのです。
何が写っているのか、わからない時も多々。

でも、金色に光る目と、ピンク色の爪だけは、黒い背景にも際立ちます。

この "爪” のおかげで、私の手は傷だらけ。
[PR]
by nekojita6 | 2006-01-24 05:45 | 猫photo
初公開!猫舌!
猫の舌って長いんですよね。
さすがは猫なので、毛づくろいなんか、しょっちゅうするわけで。
年がら年中、舌を大活躍させています。

たーまーに、自分の長い舌をあなどっているのか、しまい忘れたりします。
ちょろっと口から出したままで、遊んだり寝ちゃったりします。

それが私は

た  ま  ら  ん  

のです。

昔「what's micheal」という、猫が主人公の漫画を御存じの方はいらっしゃるでしょうか?
マイケルの視点から、猫の物語になっています。

マイケルも、たまに舌をしまいわすれます。
仲間猫に

「兄貴〜、舌をしまうのを忘れていまっせぇ〜」

なんて、注意されたりしてました。

この2匹も、ちょっちゅうしまい忘れています。
カメラが古く、撮れるようになるのに時間がかかる為、なかなか良いショットが撮れません。
それでもなんとか撮れたのがこの一枚。

f0079207_5345443.jpg



猫母の膝に乗り、毛づくろいした後に出っぱなしのストライプの舌です。

可愛くて、猫母は涎が出そうです。。。
[PR]
by nekojita6 | 2006-01-21 05:28 | 舌photo