2006年 09月 08日 ( 1 )
アフォ亭主と猫。
こんばんは。

Kさんの工場にいるおかあさんと6匹の仔猫ちゃん達、毎日様子を見に行っておりますが、と〜〜〜っても元気にしております♪

f0079207_14491173.jpg

がちょんこさま御希望のおかあさんの舌しまい忘れ顔なのですが、ボケてしまいました(^^;
わかるかなぁ?
すみません、今度は頑張ります!


仔猫の様子ですが、なかなか写真を撮るのが可哀想なので、フラッシュのいらない時間に挑戦してみます。
なんかね、だんだん目が開いて来ているような気が。。。?

6匹がうごめく姿、面白いです。どこに行こうっていうアテもないくせに、むやみに動きまわって仔猫同士で重なりあってるの。。。6匹もいるくせに、猫だんごというか猫ボールが真っ黒で小さいんです(^^)
箱の中が暗いので、ビデオ撮るのも難しいけど。あれは保存しておきたいような仕草です。

そして起きている時はネズミみたいに
きゅーきゅー
って鳴いてます(^^)

半端じゃなくきゃわゆい(はぁと)


Kさん夫妻と私達夫婦で、昨日話し合いをしました。
Jさんが猫をもっと欲しがっているのに、黙ってシェルターに持って行くのはやはりいけないと。
私の夫は立場的に弱いもので(窯の場所を借りているので)、KさんがJさんに理解してもらうように話してくれるそうです。
飼うのなら、避妊手術を承諾してもらわないと、近所としても困るという主旨の話です。

Jさん、理解してくれるといいなぁ。。。。


さて。
本日はまた間抜けな私はデジカメのカードを忘れました(涙)

でもね、実はカメラどころじゃないほど動転してしまったのです。

事の始まりは前日から。。

昨夜は猫当番が夫、私もお隣のKさんの工場に行き、おかあさんのトイレの始末をしておりました。
終わってKさん宅でお茶を飲んでいる時、夫が当番を終え私を迎えに来ました。
それが夜の9時頃だったでしょうか。。。

その後二人で自宅に戻ります。

一夜明けて。

本日は早めに世話に出かけた私。
まずはKさん宅でおかあさんのトイレの世話をし、仔猫を眺めて涎を流します。

5時ごろ掘っ建て小屋に移動。
小屋に付くと、いたのはストライプのみ。
男の子はいつもいるくせに、今日は誰もいません。

めずらしいこともあるもんだ、と思いながら、最近落ち込み気味のストライプとまったりしておりました。

猫は毛が抜けるので、クッションにはたまに毛布でカバーをしております。前回毛布を洗いに持ち帰っていたので、キレイな毛布を出さなくては、と思い、小屋の中にある箪笥を開けました(タオルや毛布類が入っています)


中を開けて出てきた物は。。。

f0079207_1554040.jpg

                     (数日前撮影画像)


。。。。。。。。。。。。。。!?

一瞬、私は何が起こっているのかさっぱり理解出来ませんでした。

「ふにゃぁぁぁぁっ」と鳴くスポットを抱き、大丈夫かチェックします。
本人(本猫)も、全く現状を把握できていないようです。

しばらくウロウロしていましたが、段々正気に戻って来たのか、餌を食べ始めます。
そして私にいつも以上にべったり!
「出してくれてありがとう」だったのでしょうか。。。(涙)

箪笥のドアは、かっちゃんという金具で閉めるようにしてあり、猫には開ける事が出来ません。
たぶん、あふぉ夫が昨夜、箪笥に入り込んだスポットに気がつかず、閉めてしまったのでしょう。

スポットは元気でしたが、肉球が冷たかったんです。そんなこと今までなかったのに。。


大文句垂れてやろうと、夫に電話しまくりましたが、なかなか出ない。1時間程かけて、やっと繋がって、事の顛末を話すと

「ひっひっひ」と笑っています。

フザケンナヨ! (キ▼_▼)(キ▼_▼)(T-T)(▼_▼メ)(▼_▼メ) コノヤロォー!!

「笑いごとじゃね〜〜〜んだよ、このボケっ!!!死んでたかもしれないだろ、あふぉんだらっ!今度はてめ〜〜〜を突っ込んでやるぞ!」

(言葉遣い、御堪忍下さいませ)

何がおかしいんだか、あのアフォ。
書いていて、まだむかつく。

1時間程、スポットは私にベタベタ状態でしたが、だんだん他の猫が帰宅し、喧嘩したり走り回ったり、トイレやご飯も問題なくしていたので、大丈夫だろう。。。

トラウマになったりしないだろうなぁ。。。

私はトラウマになってしまっています。
あんなショックな光景は、ひさしぶりでした。
思考が停止するって、ああいうんでしょうねぇ。。。

20時間、狭い暗い空間で誰かに出してもらうのを待っていたんだろうなぁ。。。
(殆ど寝ていたかもしれないけど)

トイレも我慢して、水も飲めず。

"o( ̄ヘ ̄;)。o0○(コロス…)

アフォ亭主、案の定、何も考えずに閉めちゃったようです。
肉球の温度もあがり、一応アフォにもう一度電話すると、けっこう反省していたので、今回は許してあげることにしました(えらそ〜)。

実は、これを書くのはためらったのです。
虐待にも値しそうだし(故意じゃないけど)、身内のアフォ度を公開するようで、気がひけました。
でも、このブログは6匹の猫の成長記録の為に書いているので、大事な事は残しておかないと。。。と思い、書いちゃいました。

私も以前、ビッグナゲットの包帯を取らずに腫れさせましたし。。。

教訓:猫は狭い所が好き。出かける前は、隅々までチェック!


。。。。スポットが無事で元気で出てきて、本当に良かったです。
これからも、たぶんこういうヘマをする可能性もあるので、重々気を付けます。。。
[PR]
by nekojita6 | 2006-09-08 23:33 | 猫photo