2006年 03月 17日 ( 1 )
心配事。
はぁ〜、今日は忙しい一日でした。

午後に重要なミーティングがあった猫母、一応、人間とも会える格好で出かけなければなりませんでした。

終わって慌てて家に戻り、猫とも人間とも会える洋服に着替え。急いで掘っ建て小屋に向かい、スポットとストライプを捕獲。
2匹を連れて、獣医さんに昨日にひきつづきGO。
オバハンは、息がぜいぜいしてしまいました。

スポットは2回目のワクチン接種で、これで1年は大丈夫。ストライプに1回目のワクチンを打ってもらい、残り全部の予約をしてきました。

ところが。。。
スポットの歯茎に、赤い腫瘍が見付かったのです。獣医さんによると、何かによる傷が腫れた可能性もあるし、癌の可能性もあるそうです。
が、がん?とおののいてしまった私。
これから数日間様子を見て、腫れが大きくなるようだったら、外科手術になるかもしれないそうです。
夫にも話し、これからは毎日スポットの口をこじ開けてチェックしなければいけません。
癌だったら、どうなるんでしょうか。かなり鬱になっちゃってます。。。。

ワクチン接種が終わり、掘っ建て小屋に帰ると、夫は火を燃やしていました。
近寄りたいんだけど、なんか恐いなぁ〜という、病院帰りのスポット君。

f0079207_15431084.jpg


他の猫は、もっと遠巻きに火を眺めておりました。

f0079207_15435044.jpg


ちょっと時間が戻ります。
この写真は逆行で見づらいのですが、猫たちが好んで遊ぶ枝の山です。
この土地にあった林檎の木等を切って、そのうち燃やす為の山なのですが、かれこれ1年ほど放っておかれています。
そのせいか、何と!ウサギちゃんが巣を作ってしまったよう。
原っぱで遊んでいると、良く野兎が猫に気がついて逃げて行きます。逃げる先がこの枝の山なのです。さすがの猫も、山の中にまでは入っていかないようだけど、ウサギがいるのはわかっているらしく。
よく、このあたりをウロウロして、ハンターの目をキラキラさせております(こえ〜)。

f0079207_15473820.jpg


今日は、掘っ建て小屋に入ったのが遅くなった猫達。すっかり疲れてとたんに猫けだしました。
獣医さんでうったワクチンが影響しているのか、ストライプさんは舌を出してぐっすりです♪

f0079207_15485086.jpg


そして当然、スタブスも舌を出して寝ておりました。


ちょっと今は暗い私。
私が掘っ建て小屋を後にした時、猫たちはすやすやと寝て元気そうだったけど。

あの子たちは、まだ生後半年にも満たしておりません(シルバーとビッグナゲットは1才位ですが)。
猫の寿命は20年もなく、ましてや外猫となると、もっと短くなります。
なるべく健康で幸せに長生きして欲しいと、出来るだけの事はやりたいと思っています。
でも。。。癌なんて病気になられちゃったら、長生きなんて出来ないかな。
治療は獣医さんにまかせて、私たちは普段の様子を見る事しか出来ない。
なんか、悪い方向にばかり考えている自分がいます。

せっかく知り合って、仲良くなって、私達に頼って来てくれている猫達なのに。
健康に幸せに長生きだけしてくれればいいだけなのに。それって、本当はけっこう難しい願いなんでしょうか。
[PR]
by nekojita6 | 2006-03-17 23:33 | 舌photo