雑種を語る。
種類は日本では日本猫とでも言われそうですが、ここはアメリカ。恐らく
American Domestic short hairとでも言う種類(協会では認定されていない)雑種猫です。

雑種猫のすごい所は、地域によって体に変化が起きる!?という事だそうです。
寒い地方の猫は、太目の体に厚手の下毛で、温かい地方は逆に、細めの体に薄めの下毛の傾向があるそう。
雑種はその地方や環境に会った遺伝子を受け継ぎやすく、猫にとって有利な風に改善されていった、選りすぐられた(?)種になっているのかもしれません。

雑種と改良種の違いのひとつに、性格があるそう。
改良種は同じ種の中で繁殖されていっているので、性格も体付きも、同じようになる傾向があります。”大人しめ”の種であれば、大人になってからの性格もほぼ予想通りになるそう。
しして雑種では、あまりにも遺伝子が混ざり合っているため、大人になってからの性格をはかり知るのは難しいそうです。

性格に関しては、「賭け」なのかもしれません。
[PR]
by nekojita6 | 2006-03-04 13:05 | 猫story
<< これが掘っ建て小屋の6匹。 猫母の予想と不安。 >>