新たなる始まりの予感。

同じ日が続きます。

この日、夫は翌日に控えた「掘っ建て小屋完成パーティー」に向けて、夜遅くまで準備をしておりました。

パーティには15人位来てくれるはず。
食べ物とか、座る場所とか、ゴミ出しとか、色々私も用事があり、一緒に残りました。

そこへ、見知らぬ一匹が!?

f0079207_732192.jpg


オレンジいろの虎(茶トラというのかな?)が、餌を狙っているようです。この猫、どこかで見た事があるなぁ。
たぶん、実家であるJさんの家に生まれた、猫の一匹であるようです。

あまり人懐っこくはありません。でも、人間を嫌いという程でもないようです。

夫は「ゴールディ」と呼び始めました。金色だからだろ。もうちょっと、ひねってもいいんじゃないんですかねぇ?

私は、「ナゲット」と呼びたいと提案。ゴールデンナゲットは、金塊という意味です。しかも、なんとなくマクドナルドのチキンナゲットをも彷彿とさせる容姿です。

夫曰く、「でもねぇ。ナゲットって、英語で男性の○ま○まを現す言葉でもあるからねぇ」

この子は女の子(確認済)でもあるし、それはダメかなぁと思いながらも、いつのまにか彼女の名前は「ナゲット」になってしまいました。

パーティの前夜、新たな猫「ナゲット」が、登場したのです。
[PR]
by nekojita6 | 2006-01-27 07:53 | 猫photo
<< 掘っ建て小屋完成記念パーティにて。 虐待されている猫、その2。 >>