ブログ開設について。
みなさま、はじめまして。管理人の、猫母です。

管理人は、アメリカのある小さな街に住んでおります。アパート暮らしの為、猫好きな夫にでさえ、猫を飼う事を説得するのに1年近くかかりました。

去年の夏、ようやく夫を説得。近くのシェルターを回り、養子縁組の準備を進め、盛り上がって来た時、アパートの管理人さんから「動物はダメー!」とお達しが。
上下左右のお隣さん達は、飼っているのに!?

何でも、動物と一緒に引っ越して来るのはOKだけど、新たに飼うのは禁止になったそうなのです(涙)。

仕方が無いので、一軒屋を手に入れるまで、我慢することに致しました。

ところがところが。。。。
去年の秋、私が日本へちょっくら里帰りしていた時、夫からメールが。
夫はアパートから車で15分程の場所に、趣味をするための掘っ建て小屋を建設中でございました。そこへ、近所の猫が遊びに来たそうなのです。

「ふ〜ん、私がいない時に、猫と遊びやがってー」

ちょっと面白くない私でしたが、それは我慢。

ところが、それから数ヵ月後。夫はまだ掘っ建て小屋建設中で、大工仕事真最中。そこへ、ひさしぶりに例の近所の猫が、子猫を3匹連れて遊びに来たというではありませんか!

電話をもらい、早速私は牛乳を容器に入れ、車をかっ飛ばし、猫に会いに行きました。

それから、私達夫婦と猫達との関係が始まります。

生まれた時から、猫と共に生活をしてきた私。中学を過ぎた時から、色々な事情で飼えず、一軒屋という大きな買いものをするまでは、もうしばらくの我慢と思っていた矢先に、空から降って来たような贈り物になりました。

変な話、猫に会える前は、付き合い初めの恋人に会える時のように胸がドキドキします。ふざけんなよ、お前たち!と思ってしまうほど、可愛いのです。

このブログは、すくすくと毎日大きくなっていく猫たちの成長を、アマアマな猫母が綴った記録でございます。
[PR]
by nekojita6 | 2005-12-25 00:00 | 猫母(管理人)
<< それは、折しもクリスマスから始...