減りながら増えていく猫。
こんにちは。

最近、朝と夜に掘っ建て小屋に通っております。

理由はふたつ。

お隣のKさんが休暇中なので、私は馬シッターで朝晩の餌やりを仰せつかっておりました。
(それも今日で終わりになりました^^)

そして、リトルナゲットの薬の時間が、朝と夜の10時なのです。

元気になったリトルナゲット、最近嫌な思いばかりされていたので、逃げ出すかなぁ?と思いきや。
以前よりも小屋近辺にいるようになりました。

でもね、毎回薬をあげる度に、私の事が嫌いになるんです(涙)。
まず、薬(液体でスポイトであげるタイプ)をしゃかしゃか振る音で、逃げ出そうとします(利口だ)。
逃げ出す所を押さえ付け、口をこじあけて薬を流し込みます。

ここで、「猫母→嫌な事をする」という公式が出来てしまったわけで。。。
数回の病院通いに連れていったのも、嫌なことをする人間というイメージを植え付けたようですし。。。

薬の後は、なるべくナデナデしてご機嫌を取っているのですが、もうダメ。
私から逃げ出すので必死です。。

好きなようにさせて、外に出して、中にも好きなように入らせて、

”嫌な場所(病院)に連れていかれない”

という安心感を持たせ、しつこくかまわないでいると、そのうち忘れるのか
スリスリとまた近付いてきます。

何方かがどこかのブログで、猫は非常に人を許す動物と書かれているのを読んだ事があります(こちらにいらして下さっている方のブログだったかも?どちら様か覚えてなくてごめんなさい)。
嫌いなお風呂に入れられても、まずい薬を無理矢理飲まされても、その時は怒っていても、すぐに許してくれて、甘えてきます。

う〜ん、見習わないといけない事です。

f0079207_4324635.jpg

仲直りした後のリトルナゲット。
歯を研いております。

f0079207_4371970.jpg

元気になると、やんちゃになるこの娘。
私の手を爪研ぎ台だと思ってるのか?

他の猫の協力もあり、こんなに傷だらけの主婦の手(涙)。

まぁいいか。
元気だってだけで、他に何も望みません。
多少暴れん坊でも、ヤクザで小動物をいたぶり殺しても、元気ていてくれるのが何よりです。

f0079207_435574.jpg

他の猫は朝っぱらから、集団で窓に押し寄せております。

f0079207_4354359.jpg

なぜなら〜。
窓の上の鳥さんの巣で、雛がかえったからみたいです。
写真には写せませんでしたが、2羽の雛が餌をもらっておりました(^^)


さて。
昨日、おかあさんがまた妊娠中だと書かせていただきましたが、例のギャングな子猫達は、最近姿を見せておりません。
恐らく、Jさんの親戚にもらわれていったのでは?と思います。

スタブス失踪事件前後から、子猫達と兄姉猫達は、小屋を巡って戦争が繰り広げられておりました。
毎回ハウスに子猫が寝ている。。
兄姉達は、威嚇はするものの、子猫はへっちゃら。

さすがに人間は恐いのか、私の姿を見ると隠れてしまいますが。

f0079207_4323113.jpg

隠れながらも、様子を見ているグレーの子猫ちゃん(7月末撮影)。

スタブス、リトルナゲットと気を取られているうちに、小屋は兄姉猫たちが取り戻したようです。

子猫たち、元気にしているといいな。

Kさんの馬シッターをしていると書かせて頂きましたが、毎回馬屋に行く度に、おかあさん猫がいるのですよ。
今回の赤ちゃんも、たぶんKさんの馬屋で産むつもりなのかもしれません。
Kさんは、まだそれを知りません。

この辺り、猫の子も人間の子も、近所全体が自分の家のような感じです。
あはは。。。


猫ブログに参加しています。
よろしければ、にほんブログ村 猫ブログにクリックお願いします!
[PR]
by nekojita6 | 2006-08-14 12:18 | 猫photo
<< 可哀想な猫。 回復した猫。 >>